柔道整復師の業務

柔道整復師になると、柔道整復師法という法律に基づいた施術を行うことができます。医療保険を扱うことのできる資格ですが、医師や歯科医師とは大きく異なります。このページでは、柔道整復師の業務や世界での位置づけ、保険適応の範囲などをご紹介します。

柔道整復師の業務

柔道整復師の業務

柔道整復師は主に、骨・関節・筋・腱・靭帯などを対象とした施術を行います。内臓や脳、顔などの施術は行いません。ただし、頭や顔の中でも骨や筋肉は対象となります。

からだに症状を起こす原因はさまざまですが、その中でも慢性的なもの以外の症状に対して治療をしていきます。つまり、転倒した際の骨折や脱臼、スポーツ現場での打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対して治療をすることができる職業です。

柔道整復師は医師ではありませんので、メスで切ったり、針で縫うような手術はしません。薬や漢方を処方することもありませんし、レントゲンを撮ることも認められていません。これらは法律でしっかりと定められています。では、骨折や脱臼をどのように治すのでしょう?

骨折脱臼


骨折や脱臼の治療には「非観血的療法」というものがあります。これは整形外科の医師も用いている方法で、「整復」と呼ばれています。何をするのかというと、皮膚の上から骨折部が元の位置に戻るように、引っ張ったり角度を変えたりします。

皮膚の上からの操作ですので、血が出ることはありません。血が出ないということは、それによる感染のリスクや軟部組織への侵襲が低くなりますので、それだけ患者さんに優しい治療をすることができます。

そのほかにも包帯やギプス、副子などを用いて固定などを行い、患部の安静を手助けします。これらの固定技術も整形外科の病院で利用されている方法です。

また柔道整復師は、接骨院や病院の中だけでなく、屋外などでもその資格を活かすことができます。
例えばスポーツ現場などでトレーナー活動をしている方の中でも、柔道整復師の資格取得者に関しては選手の骨折・脱臼に対して医師以外で応急処置を施すことが認められています。

柔道整復師のもう一つの業務としては、後療法というものがあります。運動療法や電気などを使用した物理療法、手技療法などを行います。例えば手技療法では誘導マッサージ・軽擦法・圧迫法など術者が手を用いて各種の機械的刺激を加え、患者自身が持つ自然治癒力を活性化させ損傷組織の早期回復を図ります。

主な施術内容

骨折/脱臼の徒手整復 骨折や脱臼に対して手術せずに正常な位置に戻す
外傷や予防のための固定 ギプス固定、包帯固定、テーピング固定
手技療法 軽擦法(けいさっぽう)、揉捏法(じゅうねつほう)、圧迫法等

*慰安を目的としたものではなく医療を目的とした手技として用いられる
運動療法 関節可動域訓練、筋力回復訓練、ストレッチ運動等
物理療法 電気療法、温熱療法、寒冷療法等

保険適用の範囲について

保険適用の範囲について

接骨院などでの施術には、健康保険や生活保護法による医療扶助、労災保険や自賠責保険が適用されます。これらの保険が適用される範囲は、急性または亜急性が原因の外傷に対する治療に限られ、慢性的な疾患に関しては認められていません。

また、「骨折」「脱臼」の応急手当を除く治療を施すときのみ医師の同意が必要となります。打撲、捻挫、挫傷などへの医師の同意は必要ありません。

前述の通り、慢性的な肩こりや内科疾患が起因の腰痛などに対する施術は健康保険の対象外です。仕事中や通勤途中のケガは労災保険適用であり、交通事故によるケガは自賠責保険の適用となります。

患者さんの医療費支払方法に関しては、患者さんが一部負担金分を柔道整復師に支払い、柔道整復師が患者さんに代わって残りの金額を保険者に請求する「受領委任制度」が認められています。

柔道整復術の歴史 を見る
柔道整復師の資格 を見る


  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求
  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

情報公開

やわら版

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top