単科ならではの専門性

単科ならではの専門性

1960年創立の米田柔整専門学校。以来50年以上にわたり、柔道整復師専門の養成校として歴史を築いてきました。平成10年当時、全国で14校だけだった柔道整復師を育てる専門学校が、86校までに激増した現在。単科ならではの専門性を極めながら、一貫して柔道整復師の教育に邁進してきました。
時代の移り変わりとともに、柔道整復師のあるべき姿をつねに見つめ直してきた柔軟性を持ち合わせていることも、私たちが長い年月、支持され続けてきたゆえんです。
最新の西洋医学の知識や技術を取り入れ、また法律に沿った指導内容を遵守するよう周知徹底して取り組んでいます。

徹底した実技教育

講義の様子

米田柔整専門学校の学びは資格を取るだけ、国家試験に受かることだけが目標ではありません。目の前の国家試験対策に重きを置いた詰め込み式の勉強では、実際の臨床現場に出たときに、柔道整復師として活躍することはできません。
たとえ国家試験には出なくても、人の身体に触れる治療家として必要な専門知識、教科書には載っていないような臨床現場で役立つ技術を学ぶ「徹底した実技教育」こそが、柔道整復師として独り立ちしていくあなたに必要だと考えています。
米田柔整専門学校にできること、それは大きな志を持って学ぼうする皆さんが安心して、実践で役立つ知識と技術を習得できる環境を整えることです。ここでは50年以上にわたり、学生や卒業生、教員、経営者のそれぞれが熱い想いを持ち続けています。

関連リンク: ・授業風景 >

臨床経験が豊富な講師陣

講義の様子

臨床現場で豊富な経験を持つ講師陣が揃っていることも、米田柔整の創立当時から変わらぬ特徴です。「柔道整復師になりたい」という夢を持って入学するあなたの成長を全力でサポートします。
本校は単に、国家試験に合格するだけが目的のライセンススクールではないからです。卒業後の現場に活きることを目指して、徹底した実技教育を熱意あふれる講師陣が行っています。講師陣の中には、現在も医療現場の第一線で活躍する柔道整復師が多数。医師も多く教鞭をとっています。
また、教材についても、系列の米田病院で実際に使用されている診療技術や症例・検査データを活用。実技指導においても全面的なサポートを得るなど、他校にはない恵まれた教育環境が整っています。

関連リンク: ・バックアップ体制 >

温かく礼儀正しい心を養う

佛手仏心

『佛手仏心』とは、初代校長である米田一平の言葉です。「仏のような手と、仏のような心で患者さまに接する」という意味で、今なお本校では『柔道整復師のあるべき姿』として大切に受け継がれています。
また、日本古来の武道である柔道の基本精神は、「礼に始まり、礼に終わる」に表されています。柔道の「礼」を重んじ、日常の暮らしの中でも当たり前のように挨拶ができる、社会人として身に付けておくべきマナーについても日頃から丁寧に指導。心温かな医療を実現するには、医療に携わる者の「自覚」と「人として謙虚であること」が大切です。
確かな技術と深い知識、そして温かく礼儀正しい心を持った柔道整復師を目指すあなたを、米田柔整専門学校は心より歓迎します。

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求

情報公開

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

やわら版

柔道整復術とは

電話お問合せ

スマートフォンサイト

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
-->
Top