合格率・就職率

全国平均を大幅に上回る国家試験合格率。昨年度(平成28年度)の合格率は98.6%。
そして、昨年度の求人倍率は11.87倍。あなたの希望に合わせて最適なサポートを行います。

国家試験合格率

昨年度の柔道整復師全国国家試験合格率(新卒者)は82.9%。米田柔整専門学校の合格率は98.6%(合格者69名/受験者70名)で、全国平均と比較して、15.7%も高い数字となりました。
さらに、過去8年間の平均では全国平均73.8%に比べ、米田柔整専門学校は96.9%と23.1%も高い数字を達成しています。

合格率

高い合格率の背景

1~2年生の対策

本校では「日々の学びの延長線上に試験がある」と考え、1年次より国家試験を視野に入れた授業や試験を行っています。

国家試験の形式に合わせた実力テストを定期的に行ったり、定期テストの結果を教員と面談し、今後の目標をたてたり、対策について話し合ったりするなど、一人ひとりにあわせたフォローを行っています。

授業の特徴として、基礎となる内容については、繰り返し説明します。基礎を理解することで、国家試験に出題される問題にも応用できるようになります。


また座学の授業に加えて、
1年次には、柔道整復師の基礎となる骨の構造や特徴を理解する「骨学」や、医療に携わる人材として必要なルールやマナーを学ぶ「接遇」の実技試験を行います。
2年次には、からだの評価を行うために重要な「関節可動域測定」の実技試験や、HOPPS(共同研究発表)を行います。


POINT① 「HOPPS」とは?

患者さんの話を聞き、症状や訴えなどから、身体のどこがどのように傷んでいるのかを判断する過程を学ぶ勉強方法です。
国家試験問題においても、患者さんの訴えや症状から答えを導き出すような症例問題が出題されており、授業の中で「考える力」を育てることが、高い国家試験合格率につながっています。


POINT② 実技試験と合格率の関係

実技と国家試験は、関係無いのでは?と思う方もいるかもしれません。
米田柔整では、卒業後に現場で活躍できる柔道整復師を育てる為だけでなく、実際に手を動かして経験することで、効率的に脳にインプットさせるようにしています。医療系の国家資格は覚えることがたくさんあるため、このような勉強方法が記憶の手助けになっています。

3年生の対策

2年生までに国家試験出題範囲のカリキュラムのほとんどを履修するため、3年生では国家試験に向けた特別な講義が始まります。1・2年生で学んだ範囲の復習や国家試験対策講義、苦手課目解消のための補充講義、全国模試、マークシート問題演習など、さまざまな方面からアプローチしていきます。 問題演習では、自分の苦手な部分を把握し、更に教員による解説で理解を深める、という流れを繰り返すことで、確実に問題が解けるようにしていきます。 また、就職活動も並行して行えるよう、担任による個人面談を行い個別にフォローを行っています。一人ひとりの成績や生活スタイルを考慮し、総合的なアドバイスを行っています。



3年生担任[島/生駒]

3年生担任からのメッセージ(島・生駒) 「3年生の目標は2つあります。1つ目は認定実技試験に全員一発合格。2つ目は国家試験に全員一発合格です。つまり、留年者、退学者をだすことなく3年生になった全員が笑顔で卒業式を迎えるまでが我々の責務だと思っています。そのために厳しい課題を出すこともありますが、我々も一緒に戦います。共に頑張り抜きましょう!!」


関連リンク:
・カリキュラム >

就職状況

就職率は毎年100%、昨年度の求人倍率11.87倍。

米田柔整専門学校新卒者の就職率は、毎年100%。就職を希望する学生全員が、希望の職場に就職しています。また、H28年度の本校卒業生に対する求人倍率は11.87倍。(求人数795名/求職者67名)
米田柔整専門学校の卒業生の、深い知識と確かな技術、そして礼儀正しく温かい心と熱い志を評価され、名古屋だけでなく東海地方全域より、接骨院をはじめ病院やクリニック、介護施設からも多くの求人をいただいています。
就職先を決める際、重要なのは学生一人ひとりの希望や適正、目標に合わせること。本校では、3年生の4月に就職ガイダンスを行い、初めての就職活動でも困らないよう、相談に応じています。5月からは進路相談個人面談を行い、学生の希望や意向、目標を確認し、更に具体的な進路を確定していきます。
「どんな道に進みたいか」「どんな柔道整復師になりたいか」それは、学生ひとりひとり異なります。

年1~2回の合同就職説明会では、校内に数十社(東海圏のみ)の求人担当者が集まります。1日でたくさんの企業から話を聞くことができるため、意外な発見も多くある説明会。当日は全員スーツで参加し、学生気分から一気に気持ちを切り替えるきっかけにもなり、その後の施設見学や面接への一歩を踏み出しやすくなっています。

[参加した学生の声]※H27年度アンケートより

・見学を始める前にこのような会があって、参考になりました。

・会社ごとに考えが全然違い、力を入れている事もさまざまだったので、おもしろかったです。また、自分が就職して何をしたいのかを改めて考える良いきっかけになりました。



[参加した企業からの声]※H27年度アンケートより

・学生の真摯な態度に驚きました。

・大変行儀の良い学生方で、きちんと教育されていることが想像できます。

・経営プランとして、合格率の高い米田柔整の生徒さんだと助かります。


ひとことで「接骨院」「病院」「トレーナー」「介護」と言っても、働く施設の理念や働き方はそれぞれ違うため、卒業生の実体験や評判などを学生と共有し、最適な就職先を見つけ出すお手伝いができるよう、教員と事務職員の両方でサポートできる環境を整えています。
YONEDAグループには病院やクリニックもあり、接骨院に加え病院などの情報も多く入ってくるため、さまざまな視点からアドバイスできることも特徴のひとつです。また、本校の卒業生に対するサポートもあり、「新しい職場で挑戦したい」「接骨院で数年働いたので、次は病院での医療を経験してみたい」と、転職を希望される方への求人票の閲覧や相談にも対応しています。

関連リンク:
・資格・就職 >


 

求人実績の推移

内定者内訳"

職種・地域別求人数(募集人数)

求人数(募集人数)
  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求
  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

情報公開

やわら版

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top