全日本マスターズハンドボール大会 救護活動

SNS SHARE ON

 

8月25日と26日に「全日本マスターズハンドボール大会」の救護活動補助に参加しました。

救護活動を間近で体験する機会は多くありません。

この2日間は大先輩の先生方の技術や判断を見て、感じることができました。

選手の皆様とのふれあいを含め、かけがえのない2日間でした。

活動時の写真をご覧ください。

 

 

アイシング用の氷嚢を作ります。たくさん作ってもあっという間に無くなってしまします。

 

受付です。皆さん少し余裕が出てきた様で、日曜日には真剣な表情に笑顔も見られました。

 

     

救護室だけではなく、コートサイドでも救護活動を行います。

救護室には女性の先生もいますので、女性の選手も安心です。

 

 

 

先生方の補助をしたり、評価方法を実際の現場で体験する時は皆さん真剣な眼差しです。

 

 

  

負傷者の皆さんや先生の動きに合わせた配慮が必要となります。

救護活動の補助と言っても一言では言い表せない難しさがありますね。

 

 

選手からの「ありがとう」には思わず笑顔になってしまいます。

 

 

選手の皆様、大会運営者の皆様、愛知県柔道整復師会の先生方、本当にありがとうございました。

 

飯田・松原

米田柔整のブログ

月別アーカイブ

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAだからできる卒後の医接連携
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ

情報公開

やわら版

資料請求

動画で見る学校説明会

学校見学・個別相談

  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top