MENU

柔道で国際交流! 今年もいろんな人とめぐり会えました!

SNS SHARE ON

今年も米田柔整専門学校柔道部特練では、

いろんな国の人たちと米田柔整専門学校の道場で国際交流をしました。

 

『Klara Johansson-Cranfield』

5月に2週間、名古屋に滞在し、ほとんど米田柔整で稽古をした

オーストラリアのジュニアチャンピオンの

クララさん

   

 

女子部員とは仲良しになり、いまもずっと連絡を取り合っているようですね。

   

 

帰国後、プレゼントを贈ってくれました。

 

また、会えるといいですね。

ホストファミリーとして、道場に送り迎えしてくれた宇佐見(Usami)さんに感謝申しあげます。

 

 

『Jacob V Bunker』

日本が大好きで、毎年、日本全国の名所を巡っている

アメリカのジェイコブさん

柔道も大好きで、名古屋で柔道やる場所がないかと探していたら、

当校の柔道教員の柘植先生と愛知県武道館で会い、米田柔整の道場に来てくれたのが2年前。

  

 

親友の村居拓哉(A3)と、毎年会うのを楽しみにしているようです。

来年は村居はいない予定。

ジェイコブが来た時は、村居を呼ぶしかない・・・。

 

 

『フランスの子どもたち』

米田病院職員・清水美雪さんの知り合いのフランスの子どもたちが米田柔整少年柔道教室に来てくれました。

詳しくは、こちら http://yoneda.ac.jp/blog/20170818_01/

  

 

フランスでは、柔道は、サッカー、テニスの次に盛んで、

12才以下の子どもたちの3分の1が柔道をやっています。

 

フランスの子どもたちは、日本流の稽古に戸惑いながらも、楽しんでもらえました。

 

 

『中国の高校生柔道チーム』

愛知大学に柔道交流で来ていた中国チーム。

愛知大学のイベントの関係で、米田柔整での合同稽古を行いました。

詳しくは、こちら http://yoneda.ac.jp/blog/20170821_01/

 

熱心に道場にあるもの一つ一つの意味などを質問され、

日本における柔道の文化に興味を強くもたれていました。

  

 

この日は、少年柔道教室の日でもあったので、

  

中国では小さい子が柔道をやることがあまりないことから、

かわいい子どもたちの柔道に微笑んでいたのが印象的でした。

 

ルーマニアナショナル柔道チーム

ナショナルチームなので、はっきり言って強い。

 

時間が合わないことから、名城高校での合同稽古に参加。

力強い、裏投、小外刈などで戸惑ったが、世界レベルの柔道を体験できた収穫は大きい。

  

 

柔道だからできる国際交流。

 

 

 

柔道を通した超絶コミュニケーション(米田實学長談)は、

 

世界でも通用しますね。 吉田

 

 

 

米田柔整のブログ

月別アーカイブ

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAだからできる卒後の医接連携
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ

情報公開

やわら版

資料請求

動画で見る学校説明会

学校見学・個別相談

  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top