気づきと、愉しみ。【『投の形』の稽古】

SNS SHARE ON

来週から第1回定期考査。

その前に、今週は、多くのクラスで柔道の実技テストが実施されます。

きょうの午後は、いろんなクラスが入れ替わるようにして柔道場に来て、形の稽古。

 

E1の学生は、何やら話し合っていたので、様子を見てみた。

 

実際に形の動きを動画で撮影して、『この引き方はどう?』

『受身の脚、方向は?これでいいのかな。』など、話し合っていました。

 

いわゆる『問答(もんどう)』の時間

 

  

 

実践してみて、また話し合う。

 

普段の全体の『講義』の時間では、なかなかできない『問答』をやることで

『気づき』を得る非常に充実した時間となっていました。

 

 

形の稽古を通して、頭と身体を使う愉しさを感じていましたね。

 

もちろん、こういった問答が座学の勉強にも必ず役に立つ。

 

柔道って本当に、いいもんですね。

 

 

1年生は、投の形の1本目『浮落(うきおとし)』

 

浮落は、単純なように見えて、非常に難しい。

 

◎崩し、作り、掛けの要素がすべて詰まっている基礎の技

受から攻撃する、継足、第2動での崩し、掛けるときの強い引き、しっかりした縦回転の受身、残身など

 

もちろん、礼法や服装も大切ですね。

 

   

 

最後は、掃除をして終了。

 

明日からのテストに期待しています。 吉田

 

 

 

 

 

米田柔整のブログ

月別アーカイブ

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAだからできる卒後の医接連携
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ

情報公開

やわら版

資料請求

動画で見る学校説明会

学校見学・個別相談

  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top