支援制度

一般的に、柔道整復師になるための学費は決して安いものではありません。
特に昨今の厳しい経済状況により、柔道整復師への志を持ちながらも躊躇したり、またはあきらめてしまう方も多いのではないでしょうか。
本校では、柔道整復師を目指す方々に経済的にも最大限応援したいとの想いから、様々な支援制度をご用意・ご案内しています。

米田柔整専門学校支援制度

入学支援制度

  1. 入試第1回での合格者には、初年度の前期授業料のうち140,000円を免除いたします。
  2. 第2部合格者には、初年度の授業料のうち前期300,000円、後期300,000円を免除いたします。
  3. 上記1~2の併用は可能です。

柔道支援制度

柔道経験者に対し、授業料の一部を支援することがあります。
初段以上であれば、経験・実績は問いませんが、一定の要件を満たす必要があります。
所属されている柔道部の顧問、代表者を通じて本校にお問い合わせください。

米田柔整専門学校特待生制度

受験生対象特待生制度

入試第5、6回(一般入試)の第1部合格者より成績優秀者10名以内に対して成績特待生として初年度の前期授業料のうち300,000円を免除いたします。

在校生対象特待生制度

特待生の選考は、新入生は入学試験合格者を対象としますが、2年次以降別途特待生規定により毎年改めて選考を行いますので、皆さんの努力次第で授業料等の減免を受けることができます。
なお、在校生の特待生には「成績特待生」「功労特待生」があり、次年度の授業料のうち最高で後期授業料300,000円を免除します。

奨学金制度

日本学生支援機構による奨学金

入学後、希望者に対し学内選考の後、日本学生支援機構の奨学金の貸与を受けることができます。ただし、人数制限がありますので希望者全員が受けられるものではありません。
詳しくは日本学生支援機構ホームページをご覧ください。

また、高等学校在学中の方、高等学校卒業後2年以内で学校へ入学した事の無い方には、予約採用制度がありますので出身高等学校へお問い合わせください。

日本学生機構による奨学金
種類 第1種奨学金
(自宅通学)
第1種奨学金
(自宅外通学)
第2種奨学金 給付型奨学金
利率 無利子貸与(月額) 無利子貸与(月額) 有利子貸与(月額) 給付(月額)
貸与/
給付金額
53,000円、30,000円から選択 60,000円、30,000円から選択 120,000円、100,000円、80,000円、50,000円、30,000円 30,000円(自宅通学)、40,000円(自宅外通学)
※平成29年度予算及び改正法令の成立が前提となりま
す。

教育訓練給付制度 [第1部(昼間)全日コース+午前コース]

一定の条件を満たす労働者や離職者が指定された教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部をハローワークより最大144万円支給する、雇用保険の給付制度です。給付を受けられるかどうかの確認が必要となりますので、事務局までお問い合わせください。

 

144万円支給の内訳

学生時 半年ごとに16万円支給×3年間=最大96万円
資格取得後 申請により最大48万円追加 ※卒業後1年以内に雇用保険の加入者として就職していた場合

教育ローン

日本政策金融公庫「国の教育ローン」

「国の教育ローン」は、大学・高校・短大・専修学校・各種学校や外国の高校・大学等に入学・在学するお子さまをお持ちのご家庭を対象とした公的な融資制度です。

 

融資額 お子さまお1人につき350万円以内
利率 年1.81%(母子家庭、父子家庭または世帯年収〈所得〉200万円〈122万円〉以内の方は年1.41%)
※固定金利・保証料別〔平成28年11月10日現在〕
返済期限 15年以内
(交通遺児家庭、母子家庭、父子家庭または世帯年収200万円<世帯所得122万円>
 以内の方は18年以内)
使途 学校納付金(入学金、授業料等)、教科書代、アパート・マンションの敷金・家賃・受験に
掛かった費用等
返済方法 元利均等毎月払(ボーナス月増額返済も可能)

詳しくは 教育ローンコールセンター ナビダイヤル0570-008656/電話03(5321)8656

 

※上記以外の都市銀行・地方銀行・郵便局・労働金庫・農協などの金融機関が独自に取り扱う教育資金融資制度があります。

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求

情報公開

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

やわら版

柔道整復術とは

電話お問合せ

スマートフォンサイト

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
-->
Top