理事長挨拶

佛手仏心 心あたたかな医療を実現

理事長
米田 忠正

佛手仏心-これは初代校長、米田一平の言葉で「仏のような手と、仏のような心で患者さまに接する」を意味します。この言葉は現代においても、医療の道を志すすべての人に必要な心構えであると思います。
 
現代医療は科学技術の発達とともに、技術的な面においては大きな進歩を遂げることができました。私自身も医療を提供する者として、この問いを追求し続けることが人生のテーマの一つであると考えています。
 
今、医療界で効率至上主義が進むあまり、患者さまの心にふれない「冷たい医療」の問題が叫ばれています。この現状から脱却し、心あたたかな医療を実現するには、医療に携わる者の「自覚」と「人として謙虚であること」が大切なキーポイントだと考えます。
その意味で、「仏のような手と、仏のような心で」一人ひとりの患者さまに接する柔道整復師の真価を発揮する時が来ているといえるでしょう。
 
これから柔道整復師を志す皆さまは、まず「目標」「自覚」「情熱」の3つを用意してください。
 
私たちはあなたを、大きな期待を持ってお迎えします。
 
米田柔整専門学校 理事長 米田 忠正

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求
  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

情報公開

やわら版

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top