スポーツ現場を裏方で支える仕事に興味。

高校の頃、自分が選手だったこともあり、全日本女子バレーボールの試合をよく見ていました。
テレビ中継でトレーナーさんが映ったりして、こういう仕事もあるんだなと意識したことが、スポーツ現場に関わりながら、裏方で支える職業に興味を持つようになったきっかけです。

はじめは“スポーツ栄養”という方向性から進もうと、教育大で家庭科の教員免許を取得。
バスケットボール部のマネージャーも経験し、食べ物というよりは人の身体を直接ケアできる仕事がしたいと思い、接骨院でアルバイト。そこの院長が米田柔整の卒業生だったことから、柔道整復師の道を志すようになりました。

米田での学びがすべて活かせる臨床現場。

卒業後は整形外科クリニックに入職。私が勤務するリハビリテーション科では、セラピストが一方的にストレッチやトレーニングを行うのではなく、患者さん自身が強い意志を持って治療に向かえるような環境づくりや情報の提供を行っています。

また、クリニックが契約している大学のハンドボール部で、スポーツトレーナー的な仕事も担当。日常の業務ではもちろん、スポーツの現場で受傷後の応急処置や固定材料の扱いなど、米田で学んだことが活かされています。

職場が近いこともあり、昼休みに学校へ文献を調べに行ったり、聞きたいことがあれば先生に相談したり、今でもお世話になっています。

教育現場と医療現場をつなぐ仕事で社会貢献。

将来的には、教育現場と医療現場をつなぐような仕事ができればと思っています。
教育大を選んだのもそういう理由ですし、自分が学んだこと、医療の現場で経験したことを、少しでも社会に還元していきたいです。

また、米田の先生方は非常に面倒見が良く、学業以外もサポートをしていただきました。
何かを得ようとするサインを出せば、在校生、卒業生を問わず、レスポンスを返していただけます。
学会など外でお会いしたときにも、「がんばってるね」などと声を掛けてくださいます。
まだまだ不安なことも多いので、卒業したあとも思っていてくれるんだなと思うと心強いです。

柔道整復師の資格を取って、どうなりたいのかは個人の問題。それ以前に、技術的にも精神的にもバックアップ体制がしっかりしていることが、学校選びの大きなポイントになると思います。

第1部 全日コース 卒業生インタビュー一覧

学科紹介 柔道整復科

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求
  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

情報公開

やわら版

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top