困っている人、苦しんでいる人の役に立ちたい。

大学を卒業後、まずは一年間ほどスポーツクラブに勤務しました。そこで身体のこと、筋肉などに興味を持って、もっと知りたいと思うようになったんです。ちょうどその頃、母が通院していた整形外科の先生から、柔道整復師という資格と米田柔整の存在を教えてもらいました。その先生も米田出身の柔道整復師で、技術も人柄も素晴らしい方でした。迷うことなく米田に入学。

最初はスポーツ関係の仕事ができればと考えていましたが、米田病院に入職し、気持ちに変化が生まれました。困っている人、苦しんでいる人を助けることに、喜びとやりがいを感じるようになったんです。

その後、別の整形外科(→岡崎市のかとう整形外科)に移り、長くリハビリテーションの分野で経験を積んできました。

臨床現場で役立つ、米田柔整での実践的な学び。

整形外科を選んだのは、スポーツ分野の医療に興味があったこと、大きなケガやさまざまな症例を診たかったからです。臨床現場に出てすぐは、わからないことのほうが多く、とまどうこともありました。

でも、米田柔整では柔道整復の基礎はもちろん、解剖学や生理学などの基礎医学をしっかり学べましたし、臨床経験豊かな先生方が揃っているので、その時に聞いた授業内容やノートなどが、実際の現場でもすごく役に立ちました。

また、医科学的研究の基礎や医学英語などを教えていただいたことも良かったです。
資料の調べ方や調査の方法など、困ったときの解決方法を知っているか、知らないかでは、その差はすごく大きかったと思います。

地域医療への貢献こそ、柔道整復師の生きる道。

接骨院を開院したのは、西尾市街から少し離れた、比較的人口が少ないのどかな町です。

米田在学中も卒業当時も、接骨院を開業しようとは思っていませんでした。ここは祖母が住んでいた土地で、周囲には接骨院も整形外科もありません。ヒザが痛くても、近くの内科医院へ行って湿布をもらうぐらいしかなかったそうです。高齢者で車など移動手段がない方も多く、ここで困っている方の力になれるのが国家資格を持つ柔道整復師の役目だと思うようになりました。

開業して1年たちますが、「ここができて助かっている」とよく言われます。求められているエリアで開業することも、飽和状態と言われる柔道整復師が生きる道なのではないでしょうか。

整形外科での経験を活かしながら、科学的根拠に基づいた医療を提供し、積極的に地域医療に貢献したいと考えています。

駒場 オカダ接骨院
愛知県西尾市駒場町無字名40-2
http://blog.livedoor.jp/komanba_okada/

第1部 全日コース卒業生インタビュー一覧

学科紹介 柔道整復科

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求
  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

情報公開

やわら版

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top