本インタビューを動画でも公開中です

短大で栄養学を勉強したのち、米田へ入学。

もともとスポーツが好きで、中学では卓球、高校ではソフトボールに熱中。
高2の時に、投げるフォームが悪くて疲労骨折してしまい、お世話になった整形外科のリハビリ室の先生方が全員、米田の卒業生でした。
とても雰囲気のいい先生方で、私も同じ仕事がしてみたいと思ったことが、柔道整復師に興味を持つようになったきっかけです。

その時に、米田は勉強は厳しいけど歴史があり、ネームバリューもあるので、就職には困らないと聞いていましたが、短大へ進学し、同じく興味のある栄養学について勉強しました。

でも、大好きな祖母が高齢のせいか何度も転んでは骨折するというのを繰り返していて、何とか助けてあげたいと思い、やはり柔道整復師を目指そうと米田へ来ました。

柔道初心者ですが、黒帯目指して練習中!

思っていた以上に勉強は厳しく、テストも大変です。
人生で一番勉強している状況ですが、それ以上に学べることが多く、この学校を卒業すれば必ず素晴らしい柔道整復師になれると実感しています。
2年生になってからは臨床など実践的な授業や実技が増え、全体のレベルも上がってきました。
私は初心者ですが、柔道部にも所属。週3回は授業後に練習しています。
まだ白帯なので、初段になって黒帯を締めることを目標に、背負い投げを特訓中。筋肉の使い方など、柔道整復師の勉強に役立つことも多いです。
バイトもしているので、勉強はファミレスなどで済ませて帰り、家は休む場所と決めてメリハリをつけています。

運動療法で正しい身体の使い方を指導。

卒業後は、運動療法を推奨している整形外科や接骨院で働きたいと思っています。
運動療法というのは、必要なところに筋肉をつけて、正しい身体の使い方を覚えていただく治療法です。
私自身、身体の使い方を間違えて疲労骨折をしましたし、私の母も運動療法の筋トレで調子が良くなったりなど、そういう治療法があることを広めていけたらと思っています。

スポーツトレーナーというほど本格的じゃなくても、部活などでも指導できたら嬉しいです。
また個人的なことですが、柔道の練習で3キロもやせて悩みの肩こりも解消!
勉強だけでなく、スポーツをする機会もあって良かったなと思っています。

第1部 全日コース 在校生インタビュー一覧

学科紹介 柔道整復科

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求
  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

情報公開

やわら版

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top