心と身体をケアできる柔道整復師に。

小学校から野球に熱中し、高校は野球留学で静岡へ。
まさに野球漬けの日々を送ってきましたが、ケガにも悩まされ続けてきた選手生活でした。

整形外科や接骨院にも定期的に通い、柔道整復師という道があるんだなと意識したのが中学2年生の頃。
いつか自分のようにケガで困っている選手を助けて、心と身体をケアできる技術を身につけたいと思うようになりました。

米田柔整は県外でも有名な伝統校で、厳しい学校だと聞いていたので、最初は勉強についていけるかどうか不安でした。
でも、だからこそ頑張って勉強すれば国家試験に合格できるし、自分が望む就職ができると思って選びました。

先生方の熱心な指導で成績が上昇。

覚悟はしていたものの勉強が難しくて、最初はちんぷんかんぷん。特に「生理学」の授業は先生が何を言っているのかも理解できず、まったく頭に入ってきませんでした。

でも先生方が熱心でやさしくて、親身になって指導してくれるので、自分でも粘り強くコツコツと勉強をするようになり、成績が少しずつ上昇。特に「解剖学」の授業が面白くて、勉強って楽しいんだなと前向きに取り組めるようになりました。

クラスの友達もみんな仲が良くて、包帯の実技など協力しあいながら、技術を身につけることができます。バイトで整形外科の補助作業をしているのですが、理学療法士の仕事を間近で見られることも勉強になります。
休みの日は草野球でリフレッシュ。左利きのピッチャーなので、結構重宝されているんですよ。

将来を見据えた勉強が励みになる。

卒業後は、附属の米田病院で働くことが第一希望。
理学療法士と一緒になって、患者さんのリハビリを助けていきたいからです。

でも、附属病院だからといって、必ず入れるわけではないし、競争率も高いので今は勉強を頑張るのみ。たとえ米田病院に入れなくても、目標を高くもって勉強すれば、いろんな道が広がっています。

将来的には接骨院を開業して、近くの高校など部活動のトレーナーとしても活動したいです。単に国家試験に合格するためだけじゃなく、その先を見据えた勉強ができるのも米田柔整の魅力。着実に夢に近づいているなと、実感できることも励みになっています。

第1部 全日コース 在校生インタビュー一覧

学科紹介 柔道整復科

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求
  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

情報公開

やわら版

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top