ドッジボールの日本代表として活躍中。

小さい頃から打ち込んでいるのがドッジボールです。身近な遊びのイメージが強いですが、スポーツ競技としてのドッジボールは、ゲーム運びのスピード感やチームでの連携プレーの面白さがあり、遊びとは違った魅力があります。今もクラブチームに所属し、週に2、3回は練習に、休日は試合や大会、関東までの遠征や、日本代表としてアジアカップにも出場しました。現役で選手生活をしながらの通学や勉強は大変ですが、空き時間にテキストを見たり、問題を解いたり、工夫しながら柔道整復師の勉強に取り組んでいます。授業はテーピングやギプス、包帯など実技系が好きです。これまでもテーピングは我流でやっていましたが、テープの一本一本に意味があって巻いているんだなと、米田柔整で学び実感しています。

高校卒業後、迷わず米田柔整に進学。

柔道整復師の選択は早く、小中学生の頃から意識していました。ケガが絶えなかったので、家の近くの接骨院によく通っていたんです。そこで試合前にテーピングをしてもらったり、試合後に治療を受けると痛みが和らいだりと、自分にとって接骨院は選手生活を支えてくれるかけがえのない存在でした。治療だけでなく、接骨院の先生は優しく、いろいろな励ましの言葉をかけてくれ、自分もそういう存在になろうと思うようになりました。高校卒業後、迷わず米田柔整を選んだのは、接骨院の先生が米田柔整出身だったからです。学校説明会にも一度参加しましたが、先生方や先輩方が実際にテーピングの仕方を教えてくれたり、とても丁寧に接してくれ、雰囲気も良かったのでここで勉強しようと決めました。

スポーツトレーナーを目指して。夢はドッジボール日本代表チームのトレーナー!

将来は接骨院で働きながら、スポーツトレーナーの道へ進みたいです。現場で患者さんの施術をしながら学んでいき、いつかはドッジボール日本代表のトレーナーを務めたい。それが一番の夢です。現在はチームメイトにテーピングをしたり、ケガをした時の応急手当としてアイシングをしたり、と1・2年生で学んだ知識と技術をいかし、チームに貢献できていると実感しています。また、柔道整復師の知識や技術を持つことで、身体のケアやフォームの改善をすることができ、自分自身がスポーツする上での力になると思います。「トレーナーになるためには色々な道があるが、まずは柔道整復師の資格を取った方が幅広く活躍できる」と接骨院の先生や米田柔整での最初の授業でアドバイスがありましたが、本当にその通りだと思っています。

●米田柔整の受験を検討している方へのメッセージ
米田柔整は出席日数や礼儀作法、テストの成績など厳しいところは厳しくてメリハリがあります。本気で柔道整復師を目指している方にはぴったりなので、ぜひ挑戦してみてください。

第1部 全日コース 在校生インタビュー一覧

学科紹介 柔道整復科

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求
  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

情報公開

やわら版

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top