本インタビューを動画でも公開中です

米田柔整を選んだのは、歴史と実績に裏打ちされたブランド力。

小さい頃から地元のサッカークラブに所属し、中学・高校では部活のサッカー部で主将を務めるなど、サッカーに打ち込んできた日々でした。柔道整復師を志したのは、高校のサッカー部がお世話になっていたトレーナーが、接骨院の先生だったことがきっかけです。いろいろな学校がある中で米田柔整に決めたのは、その先生が米田柔整の卒業生だったから。また、どこの接骨院で聞いても米田柔整の出身者が多く、米田ブランドを体感し、歴史と実績のある米田柔整一本に決めました。学校説明会に参加しましたが、丁寧に足首のテーピングを教えてもらえましたし、先輩達の話を聞いても、みなさん志が高い方ばかりでした。学校説明会に参加したことで、ここで頑張ろう、ここで自分を高めていこうと決意が固まりました。

「柔道整復師の仕事は、人の命にも関わる仕事」先生の言葉に、身が引き締まる。

好きな授業は臨床です。骨折したら筋肉がどのように作用するか、どんな合併症があるのかなど、実践的な学びが中心なので、臨床現場でもすぐに役立つ授業内容です。米田病院での臨床実習では、実際の患者さんに施術するのは、学校で同級生を相手にするのとは全然違い、すごく緊張しました。でも、自信を持ってやれば大丈夫なんだと、臨床実習を通して将来の仕事としての手応えを掴むことができました。先生から「柔道整復師は骨折や脱臼を治療するだけでなく、命にも関わる仕事。実際に患者さんが重い病気を患っており、死に直面する場面に出くわすこともある」と言われたことがあり、身の引き締まる思いがしました。患者さんと向き合い、日々接することで治していく。その過程を見ることができるのが柔道整復師の魅力だと思います。

チーム医療の一員として、柔道整復師の力を発揮したい。

将来的には、整形外科でチーム医療の一員として力を発揮できたらと考えています。また、スポーツジムで筋力トレーニングをしたり、休日には小学校の時に所属していたサッカーのクラブチームでコーチをしたりなど身体を動かすことが好きなので、スポーツチームに帯同するトレーナーにも興味があります。自分が通っていた接骨院の先生のように、病院で働きながら、休日にはクラブチームの試合でトレーナーとして活動するなど、いろいろな働き方をこれから見つけて行きたいです。この人だったら大丈夫という安心感を患者さんに与えられ、誰からも信頼されるような柔道整復師になることが目標です。

●米田柔整の受験を検討している方へのメッセージ
米田柔整には歴史と実績があり、いろいろな臨床経験を持つ先生方が揃っています。先生が実際に臨床現場で体験した話など、興味深い話がたくさん聞くことができ、将来のためになります。

第1部 全日コース 在校生インタビュー一覧

学科紹介 柔道整復科

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求
  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

情報公開

やわら版

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top