米田柔整で頑張れば、きっと自分の理想とする柔道整復師になれると確信。

小学校1年から中学までは地元のクラブチームでサッカーをしていました。高校へ進学する時に静岡の強豪校から誘いがありましたが、私はプロ志向がなかったので、しっかり進路を考えようと思い、地元の高校に進学しサッカー部でキャプテンを務めました。そのチームに柔道整復師のトレーナーがつくようになり、試合中に怪我をして、テーピングやストレッチをしてもらうとすぐに試合に復帰できたのを目の当たりにし、「柔道整復師ってすごいな」と思ったのが、この道を志すきっかけです。そのトレーナーが米田柔整の卒業生で、卒業生推薦枠があると知り、その制度を利用して入学しました。厳しい環境だとは聞いていましたが、そのほうが自分のためになる。先生の熱意、合格率の高さなど、ここで頑張って指導を受ければ、きっと自分の理想とする柔道整復師になれると確信したからです。

合格することがゴールではなく、その先のプランを見据える。

好きな授業は臨床学です。臨床学では、解剖学の授業で学んだ筋肉の名前や体の構造の知識を応用し、骨折の施術などの実践的な指導を受けるので、これまで学んで蓄積されたものが、ここで繋がったなと実感できます。先生方は、みな熱心に教えてくださる方ばかりなので、自分もしっかり学ぼうと気持ちが引き締まります。体験談や実際の症例などを話していただけるので、教科書にはない勉強ができとても参考になります。どの先生も共通して話されるのが、柔道整復師の国家試験に合格することを目標にするのではなく、その先のプランを見据えることが大切だということです。また、高校でお世話になった接骨院勤務のトレーナーは、私が米田柔整に入学する前に独立し開業されたので、将来的には自分も開業したい、と目標と希望が持てました。

米田病院へ就職後、複合型接骨院を開業したい。

学校が終わったあとは、接骨院でアルバイトしています。補助的な仕事が主ですが、数多く患者さんと接するだけでも勉強になります。まとまった時間ができれば栄養学の本を買い、自分でまとめてみるなど、学校の授業以外のことも自主的に学んでいます。学校にバイトにと慣れるまで大変でしたが、忙しい今の生活はとても充実しています。卒業後は、米田病院に就職して、3、4年働いた後に、接骨院を開業したいです。米田病院は大相撲名古屋場所で救護活動を行っており、力士の方にテーピングするなどプロの方の施術もできるので、いろいろな勉強ができると思うからです。米田病院で経験を積んだ後は、どこの接骨院でも同じと思われないように、スタジオを作ってヨガ教室や筋トレなどプラスαのある複合型の接骨院を作ることが理想ですね。

●米田柔整の受験を検討している方へのメッセージ
米田柔整は勉強ができる環境が整っており、豊富な知識を持つ親しみやすい先生方がたくさんいます。実習制度も充実しており、米田柔整の卒業生は包帯の巻き方などのレベルも高いと評判です。勉強でも技術でも熱意でも一歩上を行く学校。米田柔整で学ぶことが将来の夢を叶える近道だと思います。

第1部 全日コース 在校生インタビュー一覧

学科紹介 柔道整復科

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求
  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

情報公開

やわら版

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top