部活でケガをすると、接骨院が頼みの綱。

中学・高校ではバレーボール部に入っていました。中学時代はいい治療に出会えず、湿布を貼ってもらうだけ。急激な身体の成長もあり、いつもどこかが痛い状態でした。高校時代に出会った接骨院の先生が米田柔整出身で、テーピングも上手でしたし、試合中に足をひねった時もすぐに施術して試合に戻してくれたり、部活の悩みなど精神面でもサポートしてくれ、頼みの綱のような存在でした。自分と同じように良い治療に出会えず辛い思いをしている人をサポートしたい。他の専門学校の説明会はあまりピンと来るものがなかったのですが、米田柔整は先生方をはじめ先輩方の志も高く、みんなキラキラした瞳で楽しそうに勉強の話をしていたのが印象的で、自分もこんなふうになれたらと思い、米田柔整に決めました。

解剖学や栄養学、実技など、米田柔整で学んだことが、インストラクターの仕事で役立っている。

好きな授業は校長の解剖学です。校長自ら、「なぜ?どうして?」と掘り下げて教えてくれます。筋肉や関節の勉強をしているので、アルバイトでスポーツジムのインストラクターをするときも、深いところまでアドバイスすることができます。スイミングのインストラクターもしていますが、どうしてバタ足ができないかなどの問題についても、個々の身体状態を客観的にみてアドバイスできるようになり、米田柔整で勉強したことを活かしていると実感しています。ジムでは痩せたいという女性が多いので、栄養学の授業が役立っています。高校時代には自分が巻かれていた包帯やギプスを、実技の授業では自分が巻く側になって練習するので、不思議な気分ですが面白いですね。

身体だけでなく、心までも支えられる柔道整復師に。

将来は、米田病院に就職できればと考えています。患者さんの問診をし、自分が書いたカルテ所見をドクターにみてもらえますし、様々な所見を知ることができるので、貴重な臨床経験を積むことができると思います。また、自分の担当する患者さんが手術をするとき、手術見学ができるのも米田病院ならでは。術後に自分が携わるリハビリにも役立ちます。将来的には、スポーツトレーナーをしながら、接骨院を開業してみたいです。柔道整復師は、試合中の骨折や脱臼にも迅速に対応できるなど、タイムリーに動けることが大きなメリットです。自分が接骨院の先生に支えてもらったように、ケガの治療はもちろん、その人自身が抱えている内面的な問題もケアしてあげられる存在になれたらと思っています。

●米田柔整の受験を検討している方へのメッセージ
社会人経験のある方など、幅広い年齢層の方と一緒に勉強しているので、今後の自分に活かせる話もたくさん聞けて世界が広がります。将来を見据えて本気で勉強したい方は、ぜひ米田柔整に来てください。

第1部 午前コース 在校生インタビュー一覧

学科紹介 柔道整復科

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求
  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

情報公開

やわら版

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top