人に喜んでもらえることを仕事にしたい。

高校時代はサッカー部に所属。専属のトレーナーがいたので、身体のケアやマッサージ方法を見よう見まねで覚え、家族にしてあげていました。

大学卒業後に就職したドラッグストアでは、副店長を務めていましたが、“自分がやりたい仕事だったら、もっと頑張れるんじゃないか、もっと人の役に立てるんじゃないか”と感じ、退職を決意。

「本当に人に喜んでもらえることを仕事にしたい」と考えたときに頭に浮かんだのが、痛みを癒すことで喜んでくれた家族の顔でした。

それと同時に、高校時代ケガで足が上がらなくなったとき、接骨院で診てもらったら、すぐに動けるようになった記憶と連動。柔道整復師という仕事に思い至りました。

勉強が楽しいと思ったのは生まれて初めて。

米田を選んだのは、地元の後輩が卒業生だったから。僕の足を治してくれた接骨院で働き、今は独立開業しています。

厳しいけれど力をつけられる学校だと聞き、入学を決意しました。
最初は覚えることが多くて大変でしたが、今になってみるとしっかり学んでおいて良かったと思います。

こんなに勉強したことはないですが、自分の好きなこと、やりたいことだから厳しくても頑張れます。
勉強が楽しいと思ったことも初めてです。

日中はデスクワークの仕事をして、夜は学校、帰ったらその日の復習の繰り返し。
休日は妻と過ごしたり、フットサルなど趣味の時間にあてています。

すべてが人生のプラスになる、米田での日々。

柔道部員ではないですが、柔道にも一生懸命取り組んでいます。
昇段試験に合格したときには、クラスの仲間が黒帯をプレゼントしてくれました。
人間的にも尊敬できる先生方や友人に囲まれ、いい出会いに恵まれました。

職場では尊敬できる先輩たちのもとで経営の勉強中。接骨院を開業するという目標をしっかり持って日々を過ごしています。
地域住民の健康に貢献できる柔道整復師になりたいです。

米田は、柔道整復師として生きていくための知識や技術、考え方を学ぶのに最適な環境だと思います。
本物を目指したいなら、ここに来て後悔することは何もありません。すべてが人生のプラスになります。

第2部(夜間) 在校生インタビュー一覧

学科紹介 柔道整復科

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求
  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

情報公開

やわら版

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top