他の医療従事者との違い

他の医療従事者との違い

柔道整復師の資格で最も特徴的であることは、3年間以上の指定校に通い専門的知識を学んだ上で国家試験に合格することで認定される「国家資格」であり、骨折や脱臼、捻挫などのケガに対して保険を扱った施術(受領委任払い制度)が認められていることです。

現在の日本では医師以外で唯一、柔道整復師だけに認められています。この「受領委任払い制度」により保険を取り扱うことのできる接骨院を開業できることは、柔道整復師の一番の魅力とも言えるでしょう。

また医師の指示がなくても適応範囲であれば施術が可能なため、コンタクトスポーツなどのトレーナー現場で起きた外傷にも対応できるほか、緊急を要する場面でも自分の判断で整復などの施術を行えることも、柔道整復師の特徴です。
機能訓練指導員として介護現場で活躍する柔道整復師も増えており、柔道整復師の知識や技術へのニーズが介護現場でも年々高まってきています。

柔道整復師養成学校の3年間では古来から伝わる柔道整復学以外にも解剖学や生理学、一般臨床医学や整形外科学、リハビリテーション学、心理学、栄養学など幅広い知識を修得します。

また柔道の授業では礼儀や姿勢、バランス感覚や「人」を相手にする際の思いやりなどを身体で覚えていきます。
西洋医学と日本の伝統医学を存分に発揮し、時代や地域、職場によって変化するニーズにも柔軟に対応できる資格。それが、柔道整復師です。

国家資格

職種 柔道整復師

はり師・きゅう師

あん摩マッサージ指圧師

理学療法士
ポイント

3年以上認可学校での履修+国家試験合格が必要

骨折・脱臼・打撲・捻挫の治療ができる

保険(受領委任払い)の対象※1

開業ができる

3年以上認可学校での履修+国家試験合格が必要

針や灸ができる

保険(償還払い)の対象※2

鍼灸院を開業できる

3年以上認可学校での履修+国家試験合格が必要
さまざまな科のリハビリができる
主な職場

接骨院業務

リハビリ

トレーナー活動

介護

鍼灸院業務

トレーナー活動

リハビリ

トレーナー活動

介護

主な職場

接骨院

診療所

病院

介護施設

鍼灸院

病院

診療所

介護施設

備考 3年制以上の専門学校または大学で履修+国家試験に合格することが必要。
急性または亜急性の骨折、脱臼、打撲及び捻挫に対して保険取扱い(受領委任払い)が可能。骨折や脱臼の治療に関しては応急処置を除き医師の指示のもとで行わなければいけない。開業権が認められており、接骨院などの施術所を開くことができる。

3年制以上の専門学校または大学で履修+国家試験に合格することが必要。はり師・きゅう師は神経痛、リウマチ、頚腕症候群、五十肩などの慢性疼痛に対して医師の同意を得られた場合のみ保険取扱いが可能。医療機関での施術は行えない。あん摩マッサージ指圧師は筋麻痺や関節拘縮などで医療上マッサージを必要とする奨励について医師の同意を得られた場合のみ保険取扱い可能。

※保険取扱いには、あらかじめ医師の発行した同意書または診断書が必要

※病院や診療所で同じ対象疾患の治療を受けている間は保険取扱い不可

3年制以上の専門学校または大学で履修+国家試験に合格することが必要。
医師の指示のもとで、保険診療として運動療法などを行うことができる。中枢神経疾患、整形外科疾患、呼吸器疾患、心疾患、寧夏的疾患など、さまざまな疾患に対するリハビリが可能。開業権はなく、保険医療を扱う場合は必ず医師の指示のもとで行う必要がある。

民間資格総称

職種 整体師 カイロプラクター

トレーナー

インストラクター

ポイント

民間資格は存在するが無資格でも問題はない

日本ではカイロプラクターの国家資格が存在していないため法的な意味でのカイロプラクターは存在しない

国内・海外にさまざまな団体がある
各団体により認定試験の難易度や受験資格が大きく異なる
主な職場

整体院業務

トレーナー活動

鍼灸院業務

トレーナー活動

トレーナー活動

インストラクター

主な職場

整体院

スポーツジム

スポーツ用品店

備考 任意の団体(整体院など独自の団体)の認定証や修了証の発行を受ける場合もあるが、特に認定などを受ける義務はないとされている。開業することも可能だが、保険取扱いはできないため、飲食店などのように価格設定は各店舗が自由に行う。

 

日本体育会公認アスレティックトレーナー(AT)やNSCA-CPT、CSCS、NESTA、健康尾運動指導士などさまざまな民間資格が存在する。柔道整復師や理学療法士などの国家資格取得者がダブルライセンスとして取得することもある。
各団体による講習や認定試験を受け、合格すれば資格取得が可能。
受験資格は高校卒業、大学卒業、該当団体入会、テキスト購入、CPR・AED認定など各団体・資格の種類で異なる。

※1  受領委任払いとは  償還払い(※2)の中でも柔道整復師にのみ認められている制度。患者さんの窓口負担は一般の医療機関同様の負担割合と同額で、保険者への請求は柔道整復師が行う。

※2 償還払いとは  公的医療保険や公的介護保険において患者・利用者が費用の全額をいったん支払い、そのあとで自ら保険者へ請求を行って支給を受けるという制度。

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求
  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

情報公開

やわら版

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top