柔道整復師になるためには-道のりと活躍の場-

柔道整復師ができること

柔道整復師は、一般的には「接骨院」「ほねつぎ」の名で知られている、医療保険の取り扱いも出来る医療職です。

国家資格であるという点で、民間資格の整体やカイロプラクティックとは異なります。注射や薬に頼らず、人間がもともと持っている自然治癒力を引き出し、負傷部位の回復を手助けすることに特徴があり、医師と連携しながら、医療の発展の一端を担っています。

国家資格取得までの道のり

柔道整復師になるためには、高校卒業後、柔道整復師養成課程のある専門学校などで必要な知識や技能を修得し、毎年3月初旬に行われる国家試験に合格することが必要です。

●試験科目
解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論及び関係法規など

●試験地
北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県

1.高等学校卒業
(または法令で定める高校卒業と同等以上の資格を取得)

icon_arrow

2.柔道整復師養成学校や柔道整復科のある大学・短期大学など
文部科学大臣指定または都道府県知事指定の養成施設で修業(3年以上)

icon_arrow

3.柔道整復師の国家試験合格(3月初旬)

icon_arrow

4.柔道整復師の資格取得(3月末)

icon_arrow

資格取得後の活躍の場

病院・診療所の医療スタッフ、接骨院開業、スポーツトレーナーなど多岐にわたります。高齢社会の到来、スポーツ人口の増加などにより、医療現場はもちろん、福祉分野やスポーツ界でも柔道整復師の行う「人にやさしい施術」が求められています。柔道整復師の活躍の場は、急速に広がっています。

病院・診療所

病院・診療所

骨・筋・関節などの治療、障害者や高齢者を対象にしたリハビリを行う医療スタッフとして活躍することが出来ます。

接骨院・ほねつぎ

接骨院・ほねつぎ

最も多くの学生が思い描く進路です。独立開業をめざす人も、まずは整骨院・ほねつぎで実務を経験しながら、技術・知識、そして患者さんとのコミュニケーション能力を磨きます。

スポーツトレーナー

スポーツトレーナー

プロスポーツ選手のトレーナーや、スポーツジムでのアドバイザーとして活躍できます。また、生涯スポーツの普及により、地域医療の現場ではスポーツ医学を中心に取り組む柔道整復師が増えています。

その他

ケアマネージャー

介護保険利用者の相談に応じ、最適な介護サービスを受けられるようケアプランを作成したり、行政や施設のコーディネートをしたりする仕事です。
実務経験5年以上で受験資格が得られます。

独立開業

法律上では国家試験に合格すれば、いつでも独立開業することができます。
ただ実際は、4~5年間、接骨院・ほねつぎで経験を積んだ後、独立開業するケースが一般的です。

機能訓練指導員

福祉施設において高齢者などを対象に、日常生活を営む上で必要な機能の減退を防ぐリハビリを指導します。
柔道整復師の資格を持っていれば、行うことのできる業務です。

柔道整復師養成施設教員

受験者が年々増加するなど、今や人気の高い国家資格の一つになっている柔道整復師。
その夢の実現を指導者としてサポートする仕事です。実務経験3年以上で受験資格が得られます。

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求
  • スポーツトレーナーを目指す方へ
  • セカンドキャリアを目指す方へ
  • 女性が活躍できる柔道整復師を目指す方へ

情報公開

やわら版

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

柔道整復術とは

電話お問合せ

スマートフォンサイト

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top