動画でみる米田柔整専門学校

米田柔整の魅力を、在校生、卒業生にインタビューしました。

柔道整復師を目指したきっかけや、米田柔整を選んだ理由、リアルな学生生活、そして学校で学んだことを卒業後どのように活かしているのか。

これから柔道整復師を目指しているみなさんへのメッセージが、たっぷり詰まっています。
是非ご覧ください。

卒業生インタビュー

卒業生 森川 伸治さん 第2部(夜間)

公益社団法人愛知県柔道整復師会 会長。
開業から40年。地域に親しまれ、信頼を築いてきた森川接骨院。現在、院長の森川さんは愛知県柔道整復師会の会長を務め、多忙な日々を送っている。原点である米田柔整で学んだこと、柔道整復師の将来展望をうかがった。


卒業生 水野 裕都さん 第1部 全日コース

現在、中日ドラゴンズでコンディショニングスタッフを務める水野さん。
大学野球で活躍後、アメリカに留学し、アスレチックトレーナーの資格を取得。さらに柔道整復師を目指した経緯や仕事内容についてうかがった。


竹中 敬一郎さん 第2部(夜間)卒業生

実業団の陸上部で活躍後、柔道整復師に。
接骨院を開業し、障害者児等への丁寧な治療や機能訓練が評判を呼び、遠方からも患者さんが来院。全国初の民間参入となった児童デイサービスを手掛ける理由と経緯をうかがった。


市野 将臣さん【市野接骨院】

実家が接骨院。
幼少の頃から父親が柔道整復師として働く姿を見ていた市野さんは、自然に跡を継ぐことを選択。 気負いが空回りすることもあったが、患者さんの笑顔を励みに精進する日々。将来は海外への展開も視野に。

在学生インタビュー

松井 麻美さん 第1部 全日コース

短大で栄養学を勉強したのち、米田へ入学した松井さん。
柔道整復師の道を歩もうと決めた理由には、高校時代、ソフトボール部でのケガを癒してくれた整形外科での交流、何度も骨折を繰り返している祖母の姿があった。


清水 美雪さん 第1部 全日コース

第一志望の大学に合格し、卒業後は不動産会社に就職。やりがいを持って働いていた清水さんでしたが、一年後に退職。
現在は米田で柔道整復師を目指して勉強中という、方向性の転換について気持ちの推移を語ってもらった。


外園 良輔さん 第2部(夜間部)

ずっと柔道一直線。愛知県警で働きながらも、柔道を続けていた外園さん。
「ある程度やりきったので、ここで一区切り。警察官を辞めて、昔からなりたかった柔道整復師になろうと米田に来ました」と入学動機を語ってくれた。


奥村 裕明さん 第2部(夜間部)

奥村さんは空手の有段者。フルコンタクト(直接打撃制)で闘うため自身がケガをするだけでなく、ケガをさせることも多かったそう。
いつか人を治療する側にまわりたい、その想いを後押ししたのが、奥様のひと言だった。


  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAのDNA
  • 記事特集 Standard愛知「スポーツを支えて生きる」ライブラリ
  • 学校見学・個別相談
  • 資料請求

情報公開

2015年 新校舎竣工のお知らせ

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

やわら版

柔道整復術とは

電話お問合せ

スマートフォンサイト

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
-->
Top