< インタビュー一覧

学生時代は野球一色の日々を過ごしていた松原さん。高校卒業後、営業の仕事をしながら、会社を持つ目標を叶える足がかりとして柔道整復師に魅力を感じ、米田柔整に入学されました。卒業後は運動療法に定評のある整形外科で多くを学び、2009年「葵接骨院」を開院。現在は、接骨院に併設された室内グラウンドで野球選手のケガの治療や予防を専門に行うベースボールスクールも運営されています。投球フォームを改善できる接骨院として地域の野球少年たちを支えている松原さんに、目標実現までのプロセスや、スポーツ選手をサポートするため柔道整復師ができることについて、お話を伺いました。

社会人から昼間部に入学。米田柔整で一緒に学んだ仲間の純粋でまじめな姿が刺激に。

私の高校時代は野球一色でした。野球人生の中で、一度もケガをしたことがなく、接骨院に通ったこともありませんでした。ある時から自分の手によってお金が生まれる仕事をしたいと思いはじめ、様々調べてみると、好きなスポーツにも関われる柔道整復師という資格があることを知りました。自分に甘い性格なので、厳しい環境に身を置こうと思い、米田柔整専門学校へ入学。3年間の学校生活では、一緒に学んだ同期の仲間達から大いに刺激を受けました。昼間部だったので、高校や大学を卒業したばかりの人が多く、まじめで、純粋に柔道整復師を目指している姿は、社会人を経験して要領の良さを覚えてしまった私にとって衝撃的でした。目標を達成するためには、こうでなければいけない部分もあるなと再認識しました。国家試験の勉強などもお互いに問題を作って出し合うことで、わかりやすく相手に伝える勉強にもなり、今でも患者さんと対峙するときに役立っています。授業もそれぞれ専門の講師陣がそろっており、骨学の授業はもう一度受けたいくらい細かく教えていただきました。当院にもアスレチックトレーナーはいますが、やはり解剖学や骨学を学ぶレベルが全然違います。骨学ができていないと、筋肉のつく場所の名前がわかっていても、触ることができません。そういう意味でも米田柔整専門学校で勉強して良かったと思います。40歳までに会社を立ち上げるという目標が当初からあったので、卒業後は整形外科で5年修業してから開院しようと考えていましたが、実際は卒業後3年半で独立開院することになり、自分のプランよりも早く実現することができました。

投球フォームを確認して、痛みの悪循環を防ぐ。
室内グラウンド併設、治療と一緒に指導もできる接骨院をスタート。

現在は大型屋内練習場を持つ野球スクールも行っていますが、メインは接骨院業務です。痛みの原因を筋肉や身体の動きから探り、運動療法を取り入れて回復させていく方針をとっています。地域の高齢者の方など一般の治療も行っていますが、患者さんの9割は野球をやっており、肘と肩を痛めている子が多いです。施術をすると接骨院の中では痛みが取れるのに、グラウンドで投げると痛みが出て、また院に戻ってくることの繰り返し。整形外科でレントゲンを撮っても原因がわからない。これは投球フォームに原因があるのではないかと思い、実際に確認するスペースが欲しかったので、グラウンドを併設できる倉庫を探しました。それが、治療と一緒に指導もできる接骨院をスタートさせ、ベースボールスクールや投球フォーム外来をはじめたきっかけです。問診の段階だと、ボールをリリースする段階で痛いと訴える子がほとんどなのですが、実際にボールを投げさせるとリリースではないところで痛がっている。それをわかって治療するとしないとでは、全然違います。今では、実際に投げてもらわなくてもわかるようになってきました。足を上げた状態の体勢など、フォームをみるだけでもだいたいのことがわかります。でも、技術的なことを教えるのはコーチや監督の仕事。私の仕事はあくまでも、痛みの出にくいフォームを指導することです。

思い立ったらすぐに行動!
患者の親御さんを介してコーチや監督に紹介してもらう営業スタイル。

開院後すぐは患者さんも少なかったので、グラウンドへ名刺とチラシを持ち、営業に行きましたが、なかなか反応していただけませんでした。でも、誰か一人でも人を介すると話を聞いてもらえることに気づきました。それからは飛び込み営業はやめ、患者さんの親御さんにコーチや監督を紹介していただいたり、治療をしているお子さんのチームの監督に、その子の現在の状態を伝えるなど、コミュニケーションを取らせていただくようにしました。営業というわけではありませんが、よくグラウンドに行きました。患者さんが増えてくるまで半年ぐらいかかりましたが、やはり動くことで何かが起きるというパターンが多く、思い立ったらすぐに行動することが、成功の要因かもしれません。悩んだときに相談をしたり、アドバイスをくれる知人もいますが、最後に決めるのは自分自身。経営者として数字も見ながら判断しています。

医療の業界に入ることで多業種の人と出会えるのは財産。
アスレチックトレーナーを採用し、アスリハ(競技復帰リハ)やパーソナルトレーニングも展開。

東海地区を中心に全国の治療家やトレーナー、選手、監督、コーチなどを対象に、セミナーやイベントも開催しています。先日開催したイベントでも約100人ほど、コーチや指導者をはじめ、選手が参加していました。柔道整復師の資格をとることで、骨折や脱臼、捻挫の治療をすることはもちろんですが、医療の業界に入ることで、医師をはじめ、鍼灸師や理学療法士、アスレチックトレーナーなど多業種の方と出会えることが何よりの財産です。自分は、柔道整復師は治療をするだけでいいとは思っていません。しっかり身体のことを知り、動作指導やトレーニングをサポートすることも必要です。

その一方で、アスレチックトレーナーと柔道整復師が共存できる仕組みが重要だとも考えています。現在、各チームでは、医療資格とアスレチックトレーナーの2つの資格を保持する者が多く存在し採用されているのに対して、アスレチックトレーナーのみの資格保持者の就職先の少なさに疑問を感じています。
当院では野球以外の競技の選手、陸上選手やフィギュアスケーターなど、多くの選手がパーソナルトレーニングを受けていた事もあり、アスレチックトレーナーの資格を持っている人材を採用し、院内でのリハビリから競技復帰するまでのアスリハ(競技復帰リハ)やパーソナルトレーニングを組織で行っています。現在はアスリハ(競技復帰リハ)のニーズが多すぎて、患者さんや選手を受け入れるキャパシティが少ないのが悩みの種です。経営者としては、医療従事者やアスレチックトレーナーなど多くのスタッフを増やして何処にも負けない患者さんや選手の為の施設にしたいと考えています。

  • twitter
  • facebook
  • instagram

本音で聞く、先輩インタビュー

米田柔整の受験を検討している方へのメッセージ

飽和状態と言われている業界ですが、まだまだ患者さんは大勢います。その中で必要とされる人材になっていけば、需要はかなりあるはず。他人の意見だけで、もうこの業界はダメだとか思わないでほしいです。医師ではありませんが、開院権のある資格です。アスレチックトレーナーや他の資格者と手を組むなど、新しい発想で患者さんや選手が良くなる仕組みを工夫しながら、いいものをつくっていただきたいです。

こんなこと聞いちゃいました!

「収入面で満足していますか?」

ご想像にお任せします。(笑)
売上は多い方だと思いますが、開院からただただ勢いでやってきた部分もあるのでしっかり借り入れの返済も残っているのが現状です。(笑)
ただ、一人一人が会社の評判とそれに必要な売上を作っていくと思うので、今後もスタッフを増やして、活気のある会社にしていきたいです。

松原 葵さんの経歴

1996年
高校卒業後、営業職に就く
2003年
米田柔整専門学校に入学
2006年
卒業後、整形外科に就職
2009年
独立し、葵接骨院を開業
2012年
AOIスタジアムを設立

松原 葵さんの勤務先

葵接骨院
住所:愛知県名古屋市守山区太田井4-33
電話:052-778-8888

松原 葵さんが来校する学校説明会

終了しました

Infomation

夜間部 在校生の声
第2部(夜間)で学ぶ在校生インタビューを掲載しています。
動画で見る米田柔整
在校生・卒業生のインタビューを動画で御覧ください。
生の声を日々配信
米田柔整公式ブログ
柔整についての考察、キャンパスライフについて生の声をお届けします。
動画で見る
学校説明会
学校説明会の様子を動画でご覧いただけます。

ページトップへ戻る