< インタビュー一覧

高校時代は野球に打ち込み、中京大学を卒業後、米田柔整で柔道整復師の道に歩むことを決めた中本さん。スポーツ専科「ほまれ接骨院」院長として、内臓ケアという独自性を打ち出す一方、アルティメットの社会人クラブチームのメディカルトレーナーとして、チーム活動に貢献されています。メディカルトレーナーの仕事や、接骨院を経営する上でどのように独自性を出しているのかについて、中本さんにお話を伺いました。

スポーツ関係の仕事を目指し、柔道整復師へ。
スポーツ専科を打ち出しているほまれ接骨院に院長として就任。

学生時代は、ずっと野球に打ち込んでいました。ケガが多く、高校時代に肩を壊して腕が上がらなかったときに、接骨院で治してもらったことが、柔道整復師という仕事を意識したキッカケです。スポーツ関係の仕事に就きたいと思っていたので、大学は体育学部に進学。柔道整復師を目指したのは、学生時代にアルバイトをしていた接骨院の院長が米田柔整の卒業生であった影響が大きく、大学卒業後は米田柔整に入学しました。米田柔整を卒業したときに、スポーツでケガをした人を診るなら整形外科より接骨院だと思い、「ほまれ接骨院」に就職。4年ほど勤務し、院長が分院を立ち上げることになったので、私が当院を引き継ぎ、院長という立場で経営に携わることになりました。当院は前院長の頃から「スポーツ専科」を打ち出し、運動療法やスポーツ外傷に力を入れています。「捻挫したから接骨院に行こう」という感じで、接骨院に対する敷居が低くなり、来院しやすい環境になっていると思います。大府市はスポーツ、特にバドミントンが盛んな土地柄なのでバドミントンをしている学生の来院も多いですね。

アルティメットチームのメディカルトレーナー業では、
トレーニング方法や食事のアドバイスも。

週末は、『アルティメット』というフライングディスクを使ったスポーツの社会人クラブチームで、メディカルトレーナーを務めています。全日本で優勝、世界大会で第6位をとり、世界トップレベルの実力を持つ強豪チームです。日本ではまだまだマイナーなスポーツですが、バスケットやアメフトを合わせたようなチーム競技で、面白いですし、迫力があります。実はトレーナーになるまで競技もルールも知りませんでしたが、だからこそやってみたいと思いました。知らないからこそ、選手をさまざまな角度から診ることができます。メディカルトレーナーの範疇だけでなく、トレーニング方法や普段の食事内容を確認するなど、選手一人ひとりとコミュニケーションをとり、チーム全体がいい方向になるようなアドバイスを心掛けています。女性のチームなので、女性アスリートならではの悩みに対する相談も多くあります。メディカルトレーナーはケガを診たり、復帰するまでのリハビリに携わったりしますが、コンディショニングトレーナー(練習する前の身体づくり)やアスレチックトレーナー(トレーニングを全般的に見る)の仕事と重なる部分もあると思います。他にもママさんバレーのメディカルトレーナーをボランティアで行っていますが、ニーズと時間があればサポートし続けたいですね。やはり、担当するチームが勝った、ケガをした選手が以前のようにプレイできるようになった、さらに走れるようになったという声を聞けると、嬉しいですから。

臨床現場で改めて感じる、米田柔整で学んだ基礎の大切さ。

臨床の現場に出て、あらためて実感したのは基礎の大切さです。その点、米田柔整では実技の中でも特に、固定法などの基礎を重点的に教えていただいたので役立っています。柔道整復師は、緊急のケガに対して医師の指示を待つことなく、即座に対応できるメリットがあります。ケガの施術や捻挫、骨折の評価もそうですが、そこから医療機関に移動する際の固定やテーピングなど、こういうケガには、こういう対処をするといった米田柔整で教わったことが、今でも自分の施術の基本です。米田柔整は臨床経験の豊富な先生方が多く、実技の授業が充実していました。生理学や解剖学なども、現在、自分が取り組んでいる内臓系のケアのベースになっています。また、現在も定期的に同期と会い、情報交換や勉強会を行って自己啓発に繋げています。

患者の満足度につながる「内臓ケア」。
体の不調があれば「ほまれ接骨院」と頼られる存在になりたい。

当院では肩や腰、足首の捻挫など、痛みを訴えている関節や筋肉への直接的な施術を中心にアプローチしていましたが、ケガをして来院された方のお話を聞いていると、直接的な痛みだけでなく、冷えや便秘など内臓の不調がケガを治す妨げになっていることに気づきました。そこで内臓のケアを治療に取り入れ、総合的な身体全体の不調を改善する治療やアドバイスにも力を入れるようにしています。当院の内臓ケアは、接骨院では珍しいアプローチです。ケガで来られた方とお話していると、慢性的な冷えや頭痛などで悩んでいる方も多くいらっしゃいます。そのような方にアプローチすることで、身体の状態は良くなっていきますし、ケガとは異なる身体の不調についての相談も患者さんから話していただけるようになりました。保険治療ではありませんが、患者さんの満足度は高く、売上の拡大にもつながっています。独自性と患者さんのニーズを高めるためにも、オリジナルのメニューをもっと充実させていきたいです。地元の方から身体の不調があればとにかく「ほまれ接骨院」に行けばいい、という存在になることが目標です。

  • twitter
  • facebook
  • instagram

本音で聞く、先輩インタビュー

米田柔整の受験を検討している方へのメッセージ

今の仕事で基礎になっているのは、米田柔整での勉強です。内臓の勉強、関節の勉強もそうですが、米田柔整で学んだ知識があるからこそ、今があります。経験豊富な先生方に現場で使える技術や知識をたくさん教えてもらえますよ。

こんなこと聞いちゃいました!

「収入面で満足していますか?」

私はサラリーマンなのでお給料をいただいていますが、実費診療が多い接骨院は、収入も多いのではないでしょうか。アルティメットのメディカルトレーナーは、ほぼボランティアです。トレーナーの仕事についても、まだまだ勉強しなければと思っています。

中本 陽介さんの経歴

2003年
広島県崇徳高等学校卒業
2007年
中京大学卒業
2010年
 
米田柔整専門学校卒業
スポーツ専科 「ほまれ接骨院」就職
2014年
同院院長に就任

中本 陽介さんの勤務先

スポーツ専科「ほまれ接骨院」
住所:愛知県大府市中央町6-74-1
電話:0562-85-2782

Infomation

夜間部 在校生の声
第2部(夜間)で学ぶ在校生インタビューを掲載しています。
動画で見る米田柔整
在校生・卒業生のインタビューを動画で御覧ください。
生の声を日々配信
米田柔整公式ブログ
柔整についての考察、キャンパスライフについて生の声をお届けします。
動画で見る
学校説明会
学校説明会の様子を動画でご覧いただけます。

ページトップへ戻る