Vision

用語集

  • エコー検査機

    超音波による検査で、臓器や血管、筋・関節包等、軟部組織などの評価に用いる。

  • 感染症

    環境中[大気、水、土壌、動物(人も含む)など]に存在する病原性の微生物が、人の体内に侵入することで引き起こす疾患。

  • 触診

    診察法の一つ。脈博、皮膚温、筋・腱・骨・関節の性状を手で把握する。

    この用語が使われているページ

    前十字靱帯損傷

    膝にある靱帯。バスケットボールなどでの急激な停止やジャンプの着地、急な方向転換などで発生。10歳代女性に多い。

    この用語が使われているページ
  • 帯状疱疹

    体内に潜伏感染していたウイスルの再活性化により、一点範囲の皮膚にピリピリした痛みや小水疱できたもの。

    この用語が使われているページ

    徒手検査

    超音波による検査で、臓器や血管、筋・関節包等、軟部組織などの評価に用いる。

    この用語が使われているページ

    東海学術大会(東海学会)

    公益社団法人日本柔道整復師会第○○回東海学術大会

    この用語が使われているページ
  • 日本接骨院学会

    日本柔道整復接骨医学会

    この用語が使われているページ
  • プライマリ・ケア

    骨折・脱臼・スポーツ外傷・リウマチ・小児整形・関節外科など、専門分野を持ちながらプライマリケアを重視する診療を行う。
    運動器の症状がある方はまず当院の医師にご相談いただくことで、最善の診断・治療を提案します。

    この用語が使われているページ

    肘内障

    2~6歳に多い、外傷による肘の機能障害。手を引っ張ったとき、遊んでいるときなどに生じる。
    手を使わなくなったり、激しく泣くことがある。

    HOPSS

    HOPSS
    ①H:history(聴取)→ 医師が行う問診に相当する項目。
    ②O:observation(観察)→ 医師が行う視診に相当する項目。
    ③P:palpation(触察)→ 医師が行う触診に相当する項目。
    ④S:stress&special test(整形外科的検査)→ 四肢長や周径、ROMやMMT等も含む。

    この用語が使われているページ
  • 未病

    発病には至らないものの軽い症状がある状態。
    軽い内に病気を見つけて予防をする、という考え方。

    この用語が使われているページ
  • 腰椎分離症

    腰椎椎弓の連続性が断たれた状態。主として下位腰椎に発生する青少年期の過度なスポーツ活動による障害。男子に多い。

    この用語が使われているページ

学校法人米田学園米田柔整専門学校

0120-733-121

〒451-0053
名古屋市西区枇杷島二丁目3番13号

交通アクセス

名鉄本線「東枇杷島」駅下車徒歩5分。
名鉄本線「栄生」駅下車徒歩9分。
名古屋駅より約10分ほどの場所に位置し、通学には好立地条件です。

外観内観
ページ上に戻る