MENU

東海学生柔道大会 救護活動

こんにちは。教務の島です。

先日、本校の学生を連れて大学生の柔道大会の救護に行ってきましたので、今回は帯同した学生のブログを掲載したいと思います。

 

 

↓ 学生のブログです。—————————————————————————————-

 

今回東海学生の救護に参加させていただきました。

以前までは選手側だった自分が救護側になってみると、どんなことも初めてで難しいことばかりでした。

また、学校での勉強だけでは現場ではなかなか動けず、今のうちから現場の雰囲気に慣れておくことの大切さを感じました。

 

出発前には救護バッグや氷、担架など準備しましたが、中には何が起こっても対応できるように、たくさんのテーピング、三角巾等が入っていました。

今思うと、自分が安全にバスケットボールをできていたのも、救護の方の支えがあったからだと思います。

会場に入ると全国大会をかけた試合ということもありとても緊張した雰囲気でテーピングを巻いたり、ストレッチする選手の姿がありました。

試合前にはデスクに対応できるようにティッシュや救急セットを用意し、アイシング用のビニール袋も取り出しやすいようにしておきます。

これは実際に試合中に出血した選手がいた時、すぐに爪切りを出したり、ティッシュでふいたりと、準備をすることですぐに対応することができました。

今回の大会では大きな怪我はみられませんでしたが、アイシング用のアイスパックを作る機会がたくさんありました。

バスケットボールをやっていた時は自分自身で作っていたいこともあり、冷やせれば良いと空気がたくさん入っていました。

また学校の授業でも2/3程度の氷と水をいれ空気を抜くと習っておりイメージはできていたものの、実際上手く作ることは難しかったです。

接触面積が広くなるように氷をならし、口を使って空気を抜き袋を閉じるという誰にでもできそうなことでもできない自分がいました。

また試合前に教えていただいた松葉杖の使い方も分かっているつもりで実際今の自分には何も出来ない悔しさがあります。

記録を残しておくため、選手の大学名、名前を聞くことも初めは上手くいかず、1年生での実習ではまだ身につけられていない2年生での実習の目標も立てることができました。

 

柔道はとても複雑な動きをし、相手とぶつかるスポーツでもあり、様々な怪我が発生します。

手をついたり、投げられたり、組み手をとったり、試合中のマットドクターと救護席からみていても決して気は抜けず、常に何歩も先のことを考えながら予測しておくことが大切です。

それは以前のトレーナー活動に参加させていただいた時とも同じで、

スポーツの動きを分析し、どのような怪我が考えられるのか、どのように対応すべきなのか、どうお指導していくかをつなげるかが必要だと感じました。

今の自分はHOPPSという機会を生かして1つ1つをつなげていくことが出来るようになればいいと思います。

 

最後に救護などに学生のうちから参加できるのは米田柔整ならではで、外部活動を通して学んだことは、これから自分がどうすべきなのかを考える材料にもなり、

自分だけではなくクラスメイトに広めていくことも大切なのではないかと思います。

3年生になれば国家試験や就職活動もあります。

将来設計という面からもこのような活動には積極的に参加していきたいと思います。

ありがとうございました。

 

一緒に救護バッグの中身を確認中

 

試合後の選手からアイシングを依頼されている様子。

後方には強そうな柔道家がたくさんいます。

 

↑ 学生ブログ ここまで————————————————————————————-

 

 

今回は大きな怪我はなかったのですが、学生としては少し物足りなかったかな?

でも救護する側の立場からすると「忙しくない=怪我が少ない」ということになりますので暇な方が良いのです!!!

 

救護とかトレーナーはかっこよい印象をもたれることもありますが、地味な仕事もたくさんあります。

どちらかというと縁の下の力持ち。

主役は選手ですので、我々はそれを全力でサポートします。

 

今年度からはトレーナーAO入試もはじまります!

米田柔整のトレーナー熱もどんどん熱くなってますよ。

学生さんもいろいろ学べたようなので一緒に行けてよかった思います。

来月は常滑のアイアンマンレースのサポートがあります。(昨年の活動はコチラ

またご報告しますね。お楽しみに。

 

教務 島

米田柔整のブログ

月別アーカイブ

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAだからできる卒後の医接連携

情報公開

やわら版

資料請求

動画で見る学校説明会

学校見学・個別相談

米田柔整になる

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top