MENU

第1回大会覇者!

12月10日(土)、第1回愛知県実業柔道体重別団体対抗大会および女子オープン選手権が刈谷市体育館で開催されました。

P1290413

 

女子の個人戦は、S1の田中佐和が優勝、A1の石田真理子が2位

米田でワンツーの表彰台独占!

IMG_3826

 

男子の団体戦は、ベスト8

IMG_3769

 

 

試合を振り返ってみると

女子の予選ラウンド

第1試合、第2試合とも抑え込んで、2連勝した田中が決勝進出一番乗り。

IMG_3677

 

 

石田も第1試合を肩固で勝利し、

第2試合は、米田柔整の特練OGの長浦さん(右)との対戦

背負投で先輩に勝利し、決勝進出。

IMG_3734

 

女子はなかなか卒業してからの試合が少ないですが、

こうして久しぶりに卒業生と柔道での交流ができていいですね!

 

長浦さん、お元気そうでした。また、米田柔整にも稽古に来てください!

 

 

そして、決勝戦。

勝った方が記念すべき第1回大会の優勝者。

 

石田(左)が左組み、田中(右)が右組みのケンカ四つ。

石田が内股で攻める。

IMG_3816

 

田中の背負投が入ったかに見えたが、こらえてポイントならず。

IMG_3818

 

 

互角の攻防が続いたが、終盤場外指導を石田が失墜。

 

このまま試合が終了し、指導差1で、田中が優勝した。

 

 

男子の団体戦は、

先鋒(70㎏以下) 小嶋裕(A2)

中堅(90㎏以下) 村居拓哉(A2)

大将(無差別)  宇佐見諭生(A3)

で臨んだ。

 

1回戦シード、2回戦からの登場

フジトランスとの対戦

 

先鋒の小嶋。中盤まで、粘るも徐々に相手選手が間合いをつめてくる

背負投で技有をとられ、何としても、このまま終えたい小嶋であったが、

試合終了間際に、技有をもう一回とられ、合せ技にてやぶれる。

IMG_3752

 

 

このあと、村居が開始10秒で、得意の浴びせ倒し式小外掛で、一本勝ち。

 

われらが大将。肺炎で夏を棒に振った宇佐見が登場

苦手の左組みの選手と、いわゆる泥試合を展開。

両者ポイントがないまま試合を終える。

IMG_3761

 

 

代表戦は、引き分けの中からのルールで、このまま大将同士が代表戦。

 

それでも決着がつかず、ゴールデンスコアへ。

 

それから、約二分・・・。相手選手がばてたところに、大腰で一本。

IMG_3766

10分間の死闘?をおえた。(応援席では、もっと早く攻めろ!の声も)

 

2回戦はアイシンとの対戦。

先鋒小嶋が強豪選手に、粘ったものの一本負け

 

中堅村居も組手を意識しながら、試合をすすめる。

やや不十分な組手から我慢しきれず、内股にいくと、そこを合わされて一本負け。

IMG_3787

あそこでいってはいけなかったと本人も試合後反省の弁

 

村居のご両親は、この日も熱心に応援に駆けつけて来られた。(お母様は手だけ登場)

IMG_3745

 

大将の宇佐見

1年前の夏の全日本実業個人で決勝戦を戦った田中選手との対戦

それを意識してか、いつもより早い展開で試合をする宇佐見。

ようやく身体が動いてきたか。

IMG_3798

 

指導1を失墜するも、引き分け(団体戦での勝ちは、指導差2から)

 

0-2で、準々決勝敗退のベスト8となった。

 

IMG_3842

 

 

記念すべき第1回大会を好成績で終えることができた。

 

女子の個人戦は、三菱の山本氏から熱心な打診があり、実現した。

女子を今後盛り上げていこうという意志。

この場をお借りして感謝申しあげます。

 

女子の実業団の試合は、全国的にも本当に少ない。

卒後の女子の活躍の場をもっと増やせればと思っています。

 

わたくしも初めての刈谷市体育館。

とても綺麗な会場で、このあたりの柔道熱の高さを感じました。

 

実業団の選手は、仕事の合間をぬって、柔道に取り組む。

柔道が好きで、続けている選手たち。

 

大学生とは違った交流の形ができたことが何よりの収穫でした。吉田

 

 

 

 

 

 

米田柔整のブログ

月別アーカイブ

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAだからできる卒後の医接連携

情報公開

やわら版

資料請求

動画で見る学校説明会

学校見学・個別相談

米田柔整になる

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top