MENU

YONEDAのDNA

衛生材料

運動器疾患に特化した整形外科専門病院である「米田病院」。

昭和26年設立以来、たくさんの卒業生が臨床の経験を積み、柔道整復師として活躍してきました。

米田病院

 

先日、その諸先輩方との勉強会が米田柔整で行われたので、ちらっとのぞいてきましたよ☆

現在病院リハ科に勤務している柔道整復師たちも、たくさん参加していました(‘-‘*)

勉強会全体

今回は36期卒の山守先生より、新しい素材を用いた様々な部位の簡易固定についてお話していただきました☆

資料

こちらは、固定に使用した材料。熱を加えると、柔らかくなって透明になるんですね!

素材IMG_1543

これを使って、母指CM関節(親指のつけね)の固定作成を実演して下さいました☆(^o^)

 

まずは患者さんに合わせて材料を切って、お湯で溶かし加工しやすくします!

素材切るIMG_1553

患者さんに合わせて、冷やして固めて、

あたりが良くなるように形を整えます!(ココ重要!)

FullSizeRender (14) 素材加工

最後にマジックベルトをくっつけて、完成!!!

IMG_1521 完成

なんと、5分で出来ちゃいました♪

 

米田病院リハ科のみなさんも、学校理事長&病院理事長も新素材に興味津々!

W理事長リハ科

 

最後に、この道五十数年の大ベテラン 伊藤顕正先生からは

「常に患者さんの細部にまで気を配ってこそ柔道整復師」、

齋藤哲也先生からは「症状や損傷程度から目的に合わせた固定を作ることが大切」、

とありがたいお言葉もいただきましたm(_ _)m

FullSizeRender (4) 大先輩

 

今回お話しして下さった山守先生は、ホームセンターなどで販売されている材料や工具にも着目して

日々試行錯誤されているそう。

「固定は柔整にとって可能性のある分野」と、情熱を燃やしていらっしゃる姿に感銘を受けました!(>_<)

山守先生(と、司会進行の片桐先生)、ありがとうございました!!

山守先生

 

そして、頭を使った後はエネルギー補給☆

向かった先は、キリンビール工場敷地内のレストラン!!

キリン

大先輩方との交流に、はじめは緊張していた病院リハ科のみなさんも、

臨床最前線の病院や接骨院、介護分野など様々なフィールドで活躍されている先輩方も、

世代を超えて、み~んな良い笑顔っ☆(*^_^*)

IMG_1523 キリン2

たいていの場合、自分を縛るものは、自分。

思考や価値観、感情においては特に!

常々そのように思うのですが、私も 先輩方からいろいろなお話を聞き、

新たに固定概念を打ち破るような刺激をいただきました!

キリン3FullSizeRender (8)

私も入職当時にお世話になった先輩方と久々にお話することができ、

伸びやかで愉しい時間を過ごすことができました(*^_^*)

FullSizeRender (7) キリン4

 

運営のみなさん、お疲れ様でした&ありがとうございました!!

また来年が楽しみです♪

米田柔整のブログ

最近の記事

月別アーカイブ

  • 学校説明会
  • 動画で見る学校説明会
  • YONEDAだからできる卒後の医接連携

情報公開

やわら版

資料請求

動画で見る学校説明会

学校見学・個別相談

米田柔整になる

動画で見る米田柔整

米田柔整ブログ

Twitterページへ
Facebookページへ
Instagramページへ
Top