柔道整復師は医療資格__米田柔整専門学校

柔道整復師の資格で最も特徴的であることは、3年間以上の養成校に通い専門的知識を学んだ上で国家試験に合格することで認定される「国家資格」であり、骨折や脱臼、捻挫などのケガに対して保険を扱った施術(受領委任払い制度)が認められていることです。

現在の日本では医師以外で唯一、柔道整復師だけに認められています。
保険を取り扱うことのできる接骨院を開業できることは、柔道整復師の一番の魅力とも言えるでしょう。

また医師の指示がなくても適応範囲であれば施術が可能なため、コンタクトスポーツなどのトレーナー現場で起きた外傷にも対応できるほか、緊急を要する場面でも自分の判断で整復などの施術を行えることも、柔道整復師の特徴です。 機能訓練指導員として介護現場で活躍する柔道整復師も増えており、柔道整復師の知識や技術へのニーズが介護現場でも年々高まってきています。

柔道整復師養成学校の3年間では古来から伝わる柔道整復学以外にも解剖学や生理学、一般臨床医学や整形外科学、リハビリテーション医学、心理学、栄養学など幅広い知識を修得します。

また柔道の授業では礼儀や姿勢、バランス感覚や「人」を相手にする際の思いやりなどを身体で覚えていきます。 西洋医学と日本の伝統医学を存分に発揮し、時代や地域、職場によって変化するニーズにも柔軟に対応できる資格。それが、柔道整復師です。

他の資格との違い

予防、ケガから復帰までトータルサポートできる

理学療法士と柔道整復師の違い

理学療法士と柔道整復師の違い__米田柔整専門学校

さまざまな資格の特徴

医療系 国家資格

柔道整復師

骨や筋肉のスペシャリスト

筋肉・骨・関節・じん帯などの知識が豊富で、骨折・脱臼・打撲・ねんざなどのケガに対して予防から施術、回復までトータルサポートができる資格です。注射やレントゲン検査、手術などをすることはできませんが、急性のケガであれば医師の指示がなくても骨の整復やギプス固定などの施術も可能です。接骨院や病院での勤務や接骨院開業の他、スポーツ現場のトレーナーとして活躍している人の多い資格です。

理学療法士

動作改善のスペシャリスト

寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなど、日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指して医師の指示のもとでリハビリテーションを行う資格です。関節可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減、動作練習、歩行練習などを行い、日常生活の自立を目指します。主な勤務先は病院ですが、介護施設などの福祉分野でも活躍できる資格です。

はり師・きゅう師

東洋医学のスペシャリスト

鍼や灸を用いて全身にあるツボに刺激を与えることで人間本来が持つ自然治癒力を高め、身体の不調改善を促す資格です。「はり師」と「きゅう師」の国家資格を両方持つ人のことを鍼灸師と呼んでいます。東洋医学を基礎としており、西洋医学の考え方とは異なります。働く場所は鍼灸院での勤務や開業をする方が多く、痛みの緩和や予防だけでなく美容の分野でも注目されています。

作業療法士

心と動作を豊かにするスペシャリスト

日常生活をスムーズに送るためのリハビリテーションを行います。主に、食事をする、顔を洗う、料理をする、字を書くなど、手や指の細かい動作のリハビリテーションを行うことで知られていますが、それ以外にも精神疾患の患者のケアや、外出の支援なども行います。
医療や福祉・介護の現場はもちろん、保険・教育・職業領域など社会活動の現場で活躍しています。

民間資格

カイロプラクター/整体師

日本におけるカイロプラクティック療法は、法的資格制度のない医業類似行為とされています。整体師も同様で、どちらも民間療法で「癒し」を目的としたサービス業といえるでしょう。
これらは民間資格に分類され、数時間~数日で取得できるものも多いと言われています。日本では知識がなくても「整体師」「カイロプラクター」「セラピスト」を名乗ることは可能なため、サービスを受ける際は注意が必要です。

スポーツトレーナー

健康管理、トレーニング方法のメニューの作成、ケガに対する応急手当、コンディショニングなどをサポートするのがスポーツトレーナーの主な仕事です。役割の違いでアスレティックトレーナー・メディカルトレーナー・スポーツトレーナー・コンディショニングトレーナー・フィジカルトレーナーなど呼び方が変わりますが、どれも必須の資格はありません。
日本にはスポーツトレーナーという国家資格がなく、活躍している人の多くは柔道整復師や鍼灸師、理学療法士などの国家資格を取得したうえで、さらに専門的なトレーナーの民間資格を取得してトレーナー業務を行っています。大学や専門学校の「トレーナー科」などもありますが、卒業後に国家試験を受けることはなく、ケガや痛みへの施術は認められていません。トレーナー科でもトレーニングに関することを学ぶことはできますが、「医療資格ではない」という点が大きく異なります。スポーツ現場では医療の知識や応急手当の技術も求められます。医療系の国家資格を取得することで、活躍の場が広がります。

柔道整復師✕トレーナー

柔道整復師がトレーナーに適している理由

スポーツトレーナーとして仕事をする際、スポーツ現場でのケガや、身体の痛みを訴える選手へのサポートが必要となります。
サポートの方法としては、重症度や身体の状態を見分け、適切な医療機関へ紹介したり、その場での応急処置などを行ったりします。
柔道整復師の資格は医師以外で唯一、骨・筋肉・じん帯・腱などへの整復・固定といった施術が認められているため、スポーツ現場での需要が高く、多くの柔道整復師がスポーツトレーナーとして活躍しています。

また、柔道整復師の多くは接骨院を運営したり、接骨院で勤務したりしています。接骨院の良さは、きめ細かい心配りや、院への行きやすさ、先生との心の距離の近さ、などが挙げられます。多くの接骨院では、試合前や試合後の選手にさまざまなアドバイスやケアを行い、痛みの軽減だけでなく心のサポートもしています。実際に、中学生や高校生の頃に通っていた接骨院の先生に支えてもらった経験をきっかけに米田柔整専門学校へ入学する学生はとても多く、接骨院の先生の影響が大きいことが伺えます。

まだある柔道整復師の魅力

自分スタイルで開業できる!未来に広がる資格!

柔道整復師の資格は、医療系の国家資格です。3年間みっちり専門教育を受けた後、国家試験に合格することで、厚生労働大臣から与えられる資格です。そのため、整形外科などの医療機関で働くこともでき、独立開業した際は健康保険を扱うことも可能です。

医療分野は、AIにできない仕事と言われており、一部をロボットが行うことがあったとしても、すべてを任せることは難しい分野です。もちろん柔道整復師の仕事も、AIが代わることは難しく、今後も長く必要とされる仕事であると考えられています。

柔道整復師は理学療法士と異なり開業が認められているため、開業した場合は自分独自のスタイルで運営をしていくことができます。例えば、スポーツに特化した接骨院、女性をサポートする接骨院、介護とコラボした接骨院など、世の中のニーズを見据えながら経営を行うという面白さもあります。人生100年時代と言われる中で、定年退職の心配がないのもメリットのひとつです。

オープンキャンパス資料請求ページトップへ戻る